広告用
スペース
タイトルやコンテンツ名など
・・・・
・・・・
・・・・
・・縦 、
・・型 こ
・・の ん
・・広 な
・・告 ふ
・・バ う
・・ナ に
表 ー・・
示 が・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
極小バナー

幅を
狭くした
小型の
バナー

 
 
 









 
 
 しかも、『タクシープール for 東京特別区・武三 えでぃしょん』で採用している通り、広告バナー領域を細いフレームにして、“自動スクロール”にすることによって、ひとつのバナーのタテが、やたら長くなっても閲覧者に“見せる”事が容易になる為、バナーの横幅を88より、もっと細くする事が出来ます。
 50、40、30と細くすればする程、実際に占領する面積が狭くなる為、ホームページ管理人はバナーを入れ易くなる上に、閲覧者の「広告が多すぎる」という不快感をやわらげる事ができます。また、画面の小さいユーザの方でも、「コンテンツより広告の方が面積をとっている」等という事態も避けられます。ポップアップバナーの様な「鬱陶しい」く感じる事もないでしょう。
 この“縦型バナー”を広く世に定着させたいと考えていますので、“自動スクロール”のJavaScriptソースを流用する事は、全く遠慮無く、無断でドンドンやっちゃって下さい。自分で宣伝して回りたいくらいですから。
 ただし、その際の、元ソースのエラーやコピー・流用をした場合の不都合等に関して、一切の責任を持ちませんので、利用される方の判断と責任において実践して下さい。
ここに、

コンテンツの

内容等を

表示

します

ほら、

左の

広告用の

スペースが

目に

入ってる

でしょう

?